海と山に囲まれた港町佐世保で暮らしています。
食にまつわる日々の出来事を綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
麹香


今日から工房麹香をスタートさせました。
来佐手帖を終えて、新たにブログを立ち上げました。

麹香
http://kicukou.jugem.jp/

これからもどうぞよろしくお願いします。
 - -
ぽったら煮


新たまねぎをいただいてから
作りたくなったのがぽったら煮(新たまねぎのスープ)。
辰巳芳子さんの「あなたのために」に載っています。
材料は新たまねぎ、鶏のブイヨン、昆布、梅干しの種、ローリエ、オリーブオイル、塩。
コトコト炊くだけでおいしいスープになりました。
辰巳さんによると昆布は滋養とスープを澄ませるため、
梅干しは防腐効果とスープに底味を添えるとのこと。
この底味を添えるということば。
深くて尊くて心に響きました。
麹モノにも生かせないか、そんなことを就寝前に考えています。
うちごはん - -
いただきものたち


ここ3日ほどのいただきもの。

テテリアのヌワラエリヤ
楠田製菓の逸口香
フランスの塩
ラギオールのバターナイフ
手作りスコーン(レモン&ヨーグルト、Coffee)

出会いと再会の思い出がいっぱい詰まっています。
いただきもの - -
紘さんのごはん


昨年のバスクへの旅の途中で数日間お世話になった友人家族が来佐。
今日も波佐見の京千へ。
天気が良かったので、風も心地いいこと。
鳥たちが鳴く新緑の中でいただくごはんは最高でした。
もっと話したかったのに、何だか胸がいっぱいで…。

夕食は一緒にバスクを旅した友人宅へ。
友人のお母さんがつくるいつものごはんが何よりのごちそうでした。

外ごはん - -
豆カレー


友人と共に武雄へ。
農学部に進学したいという女子高生が、
実際に行ったことがある人の話を聞きたいとのこと。
会ってみると、同じにおいがするのです。
素直でまっすぐな彼女にどうかこのまま心豊かに生きてほしい
と切に思いました。
心あらわれるような、そんな時間でした。

夕方、波佐見の京千にいきました。
新緑の気持ちいい中、豆カレーを食べました。
陶器市期間中のオアシスで、大好きな空間です。
外ごはん - -
| 1/326 | >>