海と山に囲まれた港町佐世保で暮らしています。
食にまつわる日々の出来事を綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
松花堂弁当


料理教室は松花堂弁当。
豆乳おこわ、まぐろとわけぎのぬた、お煮しめ(大根、にんじん、ふき)、きのこ汁、桜餅など。
わけぎの下ごしらえが興味深かったです。
お正月に準備していたもち米は
悪くなる前に春までに使い切るようにするそうです。
この使い切るための料理がお彼岸のぼた餅だったり、おこわだったり。
和食のおもしろさだなぁと思います。

友人が先生に前回の料理教室で胡麻豆腐をやりたいとリクエストしていました。
先生がカレンダーに記入しといてね、とおっしゃったので、友人は4/1のところに胡麻豆腐と書いて帰りました。
今日は胡麻豆腐がなかったので残念がってたら、
カレンダーの4/1のところに先生が胡麻豆腐のあとに「はこの次」と書き足していらしたのです。
みんなで爆笑しました。
先生は覚えていてくださってたのです。
もう今から次の料理教室が楽しみです。
料理教室 - -
恵方巻き


今年初めての料理教室。
恵方巻きと土瓶蒸しでした。

節分で邪気をお祓いして、立春の今日は心新たに始まりのとき。
恵方巻きは七福神にちなんで7種類の具材を巻き込みました。
長さは手の長さにするそうです。
立春とはいえ、まだまだ寒いので、
先生は土瓶蒸しを準備してくださっていました。
体にしみわたるおいしさでした。

その他の献立はイサキの刺身、なます、大根の煮物、蓮根の煮物、
菜の花のお浸し、トマトのマリネ、ブロッコリー、いちごなど。
料理教室 - -
栗きんとん


料理教室。

半月盆の半分を占領しようかという勢いの鯛の塩蒸し付きおせち。
インパクトがあるので、他の料理を忘れそうになるけど、それぞれに意味のある料理です。
栗きんとんはくちなしの実をつけておいた水で茹でて裏ごし。
そのときに繊維がほとんどないことにびっくりしました。
きんとん用のさつまいもがあるそう。
上等なさつまいもでした。
その他の献立はブリの幽庵焼き、菊花かぶ、お煮しめ、
堀川ごぼう、虎豆の甘煮、雑煮など。
料理教室 - -
おせち


料理教室。
おせちが始まりました。

田作り、なます、たたきごぼう、黒豆、伊達巻きなどを作りました。
昨日、先生が搗きたてのお餅をいただいたからとお雑煮も。
日本料理の真髄がおせちに詰まっています。

先生が昔の麹づくりの様子を話してくださいました。
麹は納屋の上など高いところで作っていたそうで、このことは私も祖母から聞いていました。
ここからが初めて聞くことで、
麹の香りは下に降りずにまっすぐに横に届くからと酒税を取られないためにそうしていたんだと話してくださいました。
次は麹をいつもより高い場所に置いて作ってみようと思いました。
料理教室 - -
土瓶蒸し


料理教室。

秋、いちばん楽しみな松茸入りの土瓶蒸しでした。
心と体にしみわたります。
おいしくってみんなでおかわり。

鮭そぼろ、うなぎもどき、いかの刺身、お煮しめ、隼人瓜の酢の物、豆腐と黒ごまのムースなど。
料理教室 - -
なすの丸ごと一本揚げ


料理教室。

なすを丸ごと一本揚げしたあとの展開料理。
そのまま生姜醤油で。
ピーナッツだれで。
ホワイトソースとチーズをのせてグラタンに。
丸ごと焼くことはあっても、揚げることはなかなかしないので、
そのおいしさにはまりました。

きのこと銀杏の炊き込みご飯、お吸い物、さんまのつけ焼き、
めざしの南蛮漬け、里芋の煮物など。
料理教室 - -
かるかん


料理教室。

今日はおやつが2品。
かるかんは大和芋をするところから初めました。
大和芋の力を感じる菓子です。
ぶどう餡の葛餅は餡に生のぶどうを合わせます。
ぶどうの酸味が餡を一層おいしくしてくれます。
葛を練って葛餅に。
今の季節ならではの逸品でした。

他にむかごごはん、さんまのつけ焼き、高野豆腐と海老しんじょのの蒸し物、
魚そうめんのお吸い物、かぼちゃの煮物など。
料理教室 - -
高野豆腐


料理教室。

高野豆腐の炊き方をメインに教わりました。
お煮しめの究極はこの高野豆腐だと思っています。
祖母や母は高野豆腐を戻すのに何度も何度も水を替えていた記憶だけど、
今は出汁と調味料を合わせたらそこに入れて煮るだけ。
簡単になりました。
でも、何か昔の高野豆腐と食べた感じが違うのです。

その他の献立はとうもろこしごはん、魚そうめんと冬瓜の味噌汁、
ズイキの甘酢漬け、お刺身、れんこんの煮物、きんぴら、
いちじくと梨の甘煮。
料理教室 - -
卵豆腐


料理教室。

卵豆腐に力をおいた献立でした。
卵を溶く。
レシピではその一言で終わってしまう。
でも以下のようにやるのです。
卵を割ってカラザを取って、4,5本箸を持って泡を立たせないように溶いて、さらしで漉す。
出汁と調味料を入れて、もう一度漉す。
蒸して冷やしてお出汁と共にいただくのです。
お盆のお供えものにもなります。
おいしいおいしい卵豆腐です。

他に半田麺、焼き鯵、焼きなす、さしみこんにゃくなど。
料理教室 - -
桜鯛の塩蒸し。

料理教室。

桜鯛の塩蒸しがメインの節句料理。
小さな鯛を一尾丸ごと食べるのなんていつぶりだろう。
思い出せないぐらい遠い昔です。
ありがたくいただきました。
昨日までいた甥っ子たちに食べさせてあげればよかったと後悔中。

おやつとして先生が作ってくださったかぼちゃの蒸しサンドイッチ。
サンドイッチを蒸したのは初めてでした。
蒸したパンはふわっとやわらかくなって、
また違った味わいでおいしいのです。
これから暑くなるので、腐りにくいようにという保存の意味も。
料理教室 - -
| 1/12 | >>