海と山に囲まれた港町佐世保で暮らしています。
食にまつわる日々の出来事を綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
いただきものたち


ここ3日ほどのいただきもの。

テテリアのヌワラエリヤ
楠田製菓の逸口香
フランスの塩
ラギオールのバターナイフ
手作りスコーン(レモン&ヨーグルト、Coffee)

出会いと再会の思い出がいっぱい詰まっています。
いただきもの - -
いきなりだんご


学生時代にバイトしていた南阿蘇のペンションのお父さんとお母さんが来佐。

おみやげその一。
大好きな飯干あや子さん作のいきなりだんご箱いっぱい。
うれしすぎる。



そのニ。
アスパラガス箱いっぱい。
お母さんが天ぷらにしてくれました。

その三。
ペンションの畑からうど。
生のままで木の芽和え、葉の部分は天ぷらとして夕食に登場。

その四。
お母さん手作りのたけのこの煮物、蕨のマリネも夕食に登場。

うちでお刺身、春菊と蕨の白和え、茶碗蒸しを準備。
おいしいごはんと共にいい時間が過ごせました。
いただきもの - -
筍と蕨と木の芽


蕨と筍と木の芽。
昨日のいただきもの。
木の芽が添えてあることで、香りや料理の行く先を想像するのがさらに楽しみになる、
そんな素敵な贈りものでした。
香りを添えること。
意識してみるとおもしろそう。
いただきもの - -
うど


お友達の畑からのいただきもの。
うど、サニーレタス、春菊、ほうれん草、ねぎ。
それぞれに美しい緑です。
畑熱勃発しました。
いただきもの - -
島原手延べうどん


今日は用事で行った先々で元同僚や友人にバッタリ会って、その度に長話になりました。
私自身が動く前にまわりの友人たちが麹香のことを広げていってくれてる感じがあって、
思わぬ話が舞い込んできたりします。
ありがたいです。

明日横浜に帰る友人の子供が甘酒が好きで持って帰りたいとのことで
夕方、届けました。
友人は1番目のお客さんになりたかったみたいで、
お財布を準備してかけつけてくれました。
が、まだ工房はできていないし、売れないんだぁと諦めてもらい、
甘酒はおみやげにということにしました。
それならといただいたのが島原手延べうどんと羊羹(父へ)。
私が理想とする物々交換ができました。

そのあとガソリンを満タンに入れにいくと、
初めて誕生日と同じ数字が揃いました。
ひとりで喜びました。
いただきもの - -
ラウンド型食パン


友人のお母さんから手作りのラウンド型食パンのいただきもの。
まだほんのりあたたかくて、その場でちぎって食べたかったけど我慢。
うれしくってすぐに車の中で写真を撮りました。
いただきもの - -
てんぷら


友人からてんぷらをいただきました。
大宮町のかまぼこ屋さんの逸品。
おでん以外でなかなかてんぷらを食べることがないので、忘れかけていました。
小腹がすいたときにぴったり。
てんぷらの良さを再認識。
網の上にのせて炙って食べたいと思います。
いただきもの - -
イラスト


友人からの贈りもの。
花をイメージした手描きの器。
私の食べものばかりのinstagramから
干し柿、レモンと柚子の麹酵素、干した白菜が
イラストになってポストカードに。
胸いっぱいです。
いただきもの - -
桃カステラ


友人から桃カステラのいただきもの。
近所の宝来屋製というのがまたうれしくって。
マドレーヌは何回も食べたことがあったけど、桃カステラは初めて。
思わず車に戻ってすぐに袋の上から写真を撮りました。
かわいらしいマドレーヌサイズ。

早速午後のおやつにしました。
桃カステラは甘過ぎるのが多いけど、
これは上品な甘さで愛おしくなるおいしさでした。
近所にある大切にしたいお店のひとつです。
いただきもの - -
料理べら


友人からの東京みやげ。
福井県指定郷土工芸品 イチョウ料理ベラ。
薄くて軽くて使いやすい。
ヘラの先、側面、尖った先の角の仕事が好き。
直角のところ以外の角度をはかりたくなりました。
いただきもの - -
| 1/30 | >>