海と山に囲まれた港町佐世保で暮らしています。
食にまつわる日々の出来事を綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
白いシチュー


月1の福岡行き。

お昼ごはんはパンと白いシチューとサラダ。
昨日、電話で旦那さんが美味しいパンを買ってきたから
明日のお昼はシチューにしようと思うの。
赤いシチューと白いシチューどっちがいい?
赤いシチューはいただいたことがあったので、白いシチューをお願いしました。
おいしくっておかわりしました。



熱々の食べさせたいからと、博多ひいらぎの絶品鯛焼きをごちそうになりました。
薄皮で餡の甘さの塩梅もよくて、おいしかったこと。

野の花教室は水仙の一種生け、豊後梅、白梅、万両、椿、紫陽花の新芽、宿り木、草苺など。
先生のお宅のお庭にある木々や草花なので、自然で、生命力があって。
触れるだけで元気になります。
外ごはん - -
ぶどうの葉巻


今晩のメニュー。
調味料が置いてあるところに貼ってありました。
これを見ただけでありがたくって幸せな気分に。
ごちそうになりました。



ひとつひとつの料理に意味があって想いがあって。
集った人たちがそれぞれにおみやげを持参していて、料理がさらにすばらしいものになりました。
小値賀の生節とピーナッツ、鹿児島のうなぎ、熊本のカシューナッツ、松浦の生しらす、
滋賀の赤ワイン、福岡のロールケーキ…。

写真はう巻き。



メインはヨルダン料理で牛挽肉とアーモンドをぶどうの葉に包んで、煮込んだ料理でした。
ぶどうの葉は自宅のベランダから。
おいしくっておいしくって。
良い宴となりました。
外ごはん - -
エッグベーカー


朝食にエッグベーカーを使った卵料理を初めて食べました。
食べ終わったあとだけど。
朝食をごちそうになったお友達は30年前から使っていて、
これより大きいのも小さいのもあるけど、このサイズがベストとのお墨付。
いつか欲しいモノ。
外ごはん - -
ヤマナシ


囲炉裏で鍋をしました。
いい夜でした。

デザートにお友達が拾ってきたヤマナシをいただきました。
梨の原種だそうです。
梨を拾う?って驚きだったけど、完熟して茶畑にたくさん落ちてるとのこと。
それが自然の甘さでおいしいのです。
私はすぐに酵母や酵素作りに力を発揮するんじゃないかと興奮気味になりました。
場所を教えてもらったので、明日拾いにいきます。
外ごはん - -
パイナップルチャーハン


パーティー料理はベトナム料理でした。
メニューの中にはパイナップルチャーハン。
初めて食べたのは昨年のこと。
同席してる方が食べたことはないのに想像で作ってくださった料理でした。
それも生のパイナップルが安かったの!と
縦に二つ割りにして、実をくりぬいた中にカレー味のチャーハンが盛り付けられていました。
それはそれはインパクトがあって、そしておいしかったのです。
あの美味しかった夜のことを思い出しました。
外ごはん - -
素麺の地獄炊き


10日ぶりにカヤックの師匠宅の柿狩り。
これで半分くらい。



お昼ごはんはバーナーでお湯を沸かして素麺の地獄炊きで押し寿司つき。
キャンプしてる気分になりました。
おいしかったこと。



前回より多い600個ほど。
近所に親戚に友達にとおすそわけです。
外ごはん - -
すき焼き


友達と福岡へ。
まずは漢方の先生に診てもらったあとお友達のところへ。
お昼ごはんを準備して待っていてくださって、
それも朝に電話したとき、これからお昼ごはん用にパンを買いにいってくるからね!と。
食いしん坊の私たちにとって、外食するよりも楽しみなごはんなのです。
ベーコンや冬野菜の入った温かいスープとパンとサラダ。
1ヶ月ぶりにパン+バター+はちみつ+かぼすもいただきました。

それから、ちょっと出かけることにして、
福岡市美術館へいくことに。
更紗の時代という見たかった展示。
堪能しました。
美美でコーヒー豆を買って、再びお友達のおうちへ。



夕食はすき焼き。
この鋳物のお鍋が素敵。
おいしかったこと。
実家で暮らしてるのに、
実家でおもてなししてもらってるみたいな気分。
いつもおいしいごはんをありがとうございます。
外ごはん - -
ミックスフライ


お友達家族と島原へ。
2年前くらいからすばらしいお茶室があるから連れて行きたい、
と言われていて今日に。

まずはお昼ごはんを平野屋というところでいただきました。
このところお刺身続きだったので、火が入ったものをとミックスフライ定食をお願いしました。
白身魚、海老、鯵のフライはちゃんと作ってあって味のよいこと。
付け合わせの野菜もおいしかったです。
ごはん、味噌汁、小鉢、干物が付いて800円。
コストパフォーマンスが高いです。
すぐそばにチェリー豆の支店やざぼん漬けが有名な辰巳屋本店もあって、
買い物も楽しめました。



お茶室を見せていただきました。
お庭がまずすばらしいし、
お茶室は今の時代では手に入らないようなよい木材が使われていて、
感嘆のため息ばかり出ました。
いつかここでお茶を点てたいです。
そう遠くはなさそうな気がしています。
外ごはん - -
クレームブリュレ


遺跡の発掘調査で5年間佐世保で暮らしていた友達が兵庫から来佐。
4年ぶりの再会。
彼女が会いたい人、行きたい場所へ。

その中のひとつのお店でクレームブリュレをいただきました。
それも今季初。
昨日作って今日から出せるようになったばかり。
おいしかったこと。

久しぶりに聞く縄文や弥生時代の話は面白くて。
世界共通の石臼の目のことを聞くのを忘れた…。
外ごはん - -
チーズバーガー


埼玉から友達が帰省。

お昼はひかりでハンバーガーを食べました。
カウンターには山盛りのミンチ肉。
目の前でパテを形作るおばさんの手の動きに釘付け。
手の動きを止めずに業者さんや、焼いている人や受け付けてる人、
そして私たちをさりげなく観察していて、必要あらばサッと動く。
さっぱりしますよ、と自家製マスタードをすすめられたので、
初めてハンバーガーにマスタードを使いました。
なかなかいけました。



友達からは森きららに行きたいとだけ聞いていました。
その理由がおもしろくて、巨大な鳥のゲージが見たいとのこと。
あんなに大きいゲージは関東にはないそうで。
入り口を入る前からゲージが見えただけで萌える友達。
フライングケージの前に着いたらさらに萌え。
私にとって小さい頃からこのサイズだったので、普通だと思っていたけど、
友達のおかげで新たな発見になりました。



ペンギン館。
空を飛んでるみたいに。

熱帯の植物が集まっている温室は酸素カプセルみたいと表現した友達。
彼女の感性が好きです。

あとは九十九島八景の4つをまわりました。
弓張岳展望台、石岳展望台、展海峰、船越展望所。
それぞれによかったです。
外ごはん - -
<< | 2/33 | >>